日々迷走

草なぎ剛でSMAPにおちた、ある社会人の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
あけましてなんたら‥というのもいい加減どうかな、と思う新年です。
もうそんなにここをみてくださる方が居るとは思ってませんが、今年もどうぞよしなに。今年はもう少し頑張りたい‥(はいはい)


ここを書くのは、どっちかというと精神的余裕の方が必要なのかと、いまさらながら思ったりもした年末でした。
ま、その精神的余裕がどこから生まれてくるかといえば、結局は時間的余裕があるかないか、に尽きるんですがね。
色々と本を読む時間がとれず、それでなくてもない教養とか語彙とか、底をついてしまった気がします(苦笑)
だから今年はちょっと本気で本を読む時間をとるつもり。意識して。
昔の人は「テレビばっかり見てたらバカになる」とかよく言ってましたが(うちだけ?)、確かになとつくづく最近思っています。
要は目で見て入る情報というのは、そこに想像力を必要としないわけですから。ましてや最近はテロップという便利なものがあるし、集中して聞く必要さえないという。
目に見えない部分を補う想像力、ぜひとも今年は鍛えなおしたいところです。

というわけで、結局宿題が残ったままなんですが、今日はまず書かせていただきます。



祝・アニキ帰還。
と、めでたく一言で終わればいいんですけど、そうもいかず。(以下ネタバレ)
今回はまぁ、とにかくあれもこれも書きたいものが多すぎたな、という感じ。
テレビシリーズ第2弾‥として1クール使ってのんびりやっていってもよかったんじゃないかと、放送終了2時間半後に考えてます。(←とりあえず今は
もしくは、「任侠ヘルパー」と銘打つならやっぱりこの前の最終話で終わった方がよかったのかとか。
(いや、今回のスペシャルが見たくなかったというわけではないので、あしからず)

そもそも、今回のスペシャル、彦一をもう一度極道へ引っ張り戻すのが目的だったわけ?
いやいや、それにしては最後の終わり方はどーよ。アニキ、どちらへ行かれるんすか。涼太を置いていくんすか。‥‥という。
あの、カタギに戻って、羽鳥さんと穏やかな生活を夢見るアニキにはもう本当にどうしようかってくらい身悶えましたよ。
指輪なんて買って、ああ、ついにアニキ‥‥と、若干(うそ、大いに)ショックを受けましたし。
でも、そんな平和にカタギに戻れるわけもなく、羽鳥さんも退場と。
病院の辺りから、これでアニキが極道に戻るフラグが立ったのね、と、ある意味潔い展開にしたなぁと思ったりもしたんですよ。
しかし、ねぇ。
どーよ。

樽川の事務所に殴りこみに行ったシーン。
アニキのハイパー回し蹴りで暗転したのはいいけど、アニキの暴れっぷりは?
他メン雪崩れ込んでの乱闘は?
樽川のその後は?
りこちゃんと面会したアニキの真意は?
涼太はこれからどうしていくの?
気になることも山ほどあるんですけど、その補完は一体どこでされるのだろうか。

そして、ここまで書いてフト感じる、やっぱり今回は組パートの方に比重が寄ってるんじゃないかってことなんだわ。
単純に私の食いつき次第なとこもある(苦笑)けど、もうちょっと介護パートが描かれてもよかったんじゃないかな~と。
いや、でもな‥‥どうなんだ。(まとまらないまま書いています)

色々と端折ってあるだろうなと思う2時間20分だったので(CM多いよ)、完全版としてDVDが出ることを期待しています。

ちなみに、煩悩全開な感想書くとしたら、アニキ抱いて!!‥ぐらいしかないよね。(コラ
相変わらず格好よいアニキ。煙草をもてあそぶ仕草がたまらん。
だけど、羽鳥さんのお世話をするアニキの無骨な優しさったら、またきゅんきゅんするし。
まー‥羽鳥さん最後のシーンのアニキの心情とか思うと、可哀想で号泣しちゃったですよ。
なんでアニキをそんな辛い目にあわせるんだよーって(入れ込みすぎです)
で、号泣してるはずなのに、啖呵きって事務所に死にに来たって言うアニキには悲鳴しかでませんでした。
なんだよ、そんなの反則だろうという格好良さ。

見てる間中、草なぎさん‥なんて一ミリも思わず、翼彦一に夢中すぎました(笑)



しかし‥‥‥これで、任ヘルスペシャルが終了。
ここから、僕妻と冬のサクラ?
草なぎさん、一体あんた何人いるんだ(苦笑)
僕妻なんて、スペシャル終わりの予告であまりの落差にびびったわ。

正直ついていけない、いきたくない。まだ彦一さんに浸っていたい、わたくしです。
スポンサーサイト
2011.01.10 02:51 | SMAP | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。