日々迷走

草なぎ剛でSMAPにおちた、ある社会人の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1週間経ってしまいましたー‥‥。
でも、まだまだ中身については書けそうにありません。

物理的な時間が足りないのもありますが、やっぱりうまくまとまらないのです。
本当に最後の最後まで、この舞台は難しかった。

千秋楽、ついに上演中涙を流すことはありませんでしたが、終わってカーテンコールを迎えたところで号泣(笑)
隣りで一緒に見ていたお友達も同じだったみたいです。
我ながら、なんの涙かと思うんだけど、まぁ‥多分結局ただのファンってことなんでしょう。。
草なぎさんがこの舞台を無事終えられたこと。
晴れがましい笑顔でお辞儀をしていること。
そして、観に来た全ての人に祝福されていること。
よかったね。よかったね。
なーんて、思ってしまったのかもしれない。

正直、11月6・7日に観た舞台が一体どんな変化を遂げているのか。
噂では聞いていても、その変化を自分が感じられるのか不安なところもありました。
でも、そんなの杞憂でした。
具体的にココが、というのもあるんだけど、もう、舞台から受け取るもの全てが前とは違うと感じたんです。

前回観た回がダメとか未完成だったという意味ではありません。
だけど、毎日毎日同じ演目を演じ続ける中で、目に見えない何かは確実に積み上げられていくんだなと。
嘘偽りなく、前回観たときよりも、進化した舞台だったと思います。


この舞台はまた、私の中で、なにものにも代えがたい記録と記憶になっていきます。
スポンサーサイト
2010.12.05 21:39 | SMAP | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。