日々迷走

草なぎ剛でSMAPにおちた、ある社会人の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
締め切りに余裕があると、あーでもないこーでもないと必要以上に悩んでしまうのが、コン申し込みです。
嬉しい悩みではないですか。

そしてもう一つ。
近頃アタマを悩ませていることといえば、「座頭市」の番宣ラッシュに如何にしてレコの容量をあけるかということです。
残すは、徹子とお試しかとぷすま‥‥で終わり‥なのか?
先週のぷっすまにも、もちろん『しんつよ~しんつよ~』と湧いてたのですが、今週はちょっとまた格別な意気込み。(だって~先週の予告ラストが~


さて、さて。せめて生モノとか観劇したもののメモくらいはちゃんとしておこうと思いながら、「薔薇とサムライ」の感想は書かないまま今日まで来てしまいました。
今更書くとすれば、あまみんがちょーーーーーーーーー格好良かった!!ということ。以上です。(こら)
いや、以前に見た新感線と比べると、今回は個人的にそこまでではなかったかも、みたいな。
面白かったし、楽しかったんだけどね。どんより暗い雰囲気の方が好きみたいです、私。


てなわけで、今回は早めに書いておこう。「座頭市 THE LAST」。
読まれて不愉快になられても、責任は取れません‥。(あ、いや、私は好きだったんですけどね)

勝新さんの「座頭市」を全くもって知らないので、比べようもないんですが、私は好きですよ。
昨日のスマステでも、そっかぁ‥なんて思ってたんだけど、座頭市ってヒーローなんだよね?
そういう意識が全然ない私は、今回の市もいいじゃないのと思ってしまう。

映画の作りとしては、あんまり説明がないというか‥セリフも最低限みたいなところが好き。(多少のわかりにくさはあるものの)
そして、音楽がよかったねぇ‥。
ラストの見ながら、これで歌詞有りの主題歌なんぞ流れたら台無しだわー‥とか思ってたんですけど、それもなくて、よかったです。サントラ欲しいなーと思うほど。

妻であるタネとの別れやミツとの別れ(僕音で1カットで撮ったといわれてたシーンね)、とにかく映像が綺麗なだけに、切なさ倍増。
人とのつながりやぬくもりを感じるのと同時に、市は独りになっていくというのか‥‥独りをより実感するというのか。
阪本監督が慎吾の‘陰’といった部分が、市にはよく映えた気がします。

あとは殺陣のシーン。
短くも長くもなく、変にクローズアップしたりスローモーションにしたり‥ということもないし、全体としてすごく見ごたえがあったと思います。魅せるために、という感じが薄かったというか。
(あ、ラスト天道とのシーンは一箇所『なんだそれ』と言いかけたところもありますが)
慎吾の体躯と構えと声と、いいではないですか。


まぁ、とにもかくにも、慎吾の色気はなんですか‥というのが、実は始まってすぐの感想。
ふとももとかさ、首筋とかさ、手とかさ。艶かしいんです。すみません。(誰に謝る
ただ、あのスタイルは違和感があるかもと思いました。田んぼで、スッと身体を起こしたシーンなんかの頭身がねぇ。当たり前だけど、現代人なので。

あと、仲代達矢さん‥‥‥。怪演としか言いようがないよう‥‥えぐえぐ。
慎吾、市頑張ってるね‥‥!と思いながら見てたけど、あの仲代さんの迫力には圧倒されます。流石。


なかなか世間的にはキビシイだろう映画ですけど、慎吾がこういう役をやれたのは、よかったなぁと思う今日この頃。
こういう感想になっちゃうのは、やっぱり私が剛贔屓な人だからでしょうかね。


こんなしんどかったろう撮影中に、迷惑かけてごめんね‥という思いがちらりとよぎったのは秘密。
スポンサーサイト
2010.05.30 23:18 | SMAP | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。