日々迷走

草なぎ剛でSMAPにおちた、ある社会人の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
休みに入った途端に体調を崩し、スマステの月一ゴローさえも見れずに突っ伏した土曜でしたが。
吾郎さんはどうやら、「山のあなた」を一位にしてくださった模様。
いよいよ公開も迫ってきましたね‥‥って、近所でやらなそうですよ、今更ながら(苦笑)
や、勿論隣の県でもどこでも出ますけどね、いざとなれば。


さて、以下全く持ってスマさんとは関係ないドラマと映画の話。


さすがドラマの影響というか(当然自分もそうなのですが)「ROOKIES」原作買おうとしたら、店頭に単行本も文庫本もことごとくない。
おそらくもうしばらくすると、増刷分が大量に並ぶのかなー‥と予想して、焦らず待ちます。

このドラマ、ベタだし展開も猛スピードだし、合わない人はとことん合わないでしょう。しかし、個人的には物凄いツボ。
イチオシは中尾くんですが、元々イッテンゴオシ(?)くらいの城田くん。ここへきて、株急上昇。
ビジュアル的には全く好みから外れる‥というかむしろ‥‥なのですが、なんというか、色々とデキル子のようです。
しかもうっすらオトメな予感がするのはなにゆえ。そんなナリして。


で、無理やり時間をつくって観てきた「相棒 劇場版」について。思ったことつらつら。(notネタバレ)

以前「踊る1・2」を見たときに、うまく時期と題材が合わさったなと感心したことがあるんですが。
この「相棒」も、時期と題材に関してそこをついてきたかぁと。
別にこの題材がいいわるいどうだと、映画を見て論ずる必要はないと思ってます。結局はエンタテイメントとしての映画なんだし。
単純に、なるほどねーと思った次第です。

本編は詰め込み感があって、正直それだけの出演?というキャストもいたり、端折り感もあったりしたのですが。
ま、劇場版ということで、ある種のお祭りと思えば‥‥。
とりあえず、そんなの差し引いても私はなかなか面白く見ました。
基本的にキャストに安定感があって、そこがよいかと。
本仮屋ユイカちゃんがしっくりくるんだね、「相棒」のような作品では。
単純によかったよかった‥な終わりにならないところとか、端々で感じる陰鬱なところとかも、らしくてよかったと思うし。
ただ、右京さんと薫ちゃんのらぶらぶっぷりは(シーンとしては)少ないかも(笑)
(これに関しては3日に放送のあった、「二人だけの特命係」の方がよかったな。新たに付け加えられたシーンとかさ。なんでしょうね、記念日って(爆))

フト思ったんだけど、薫ちゃんが右京さんを呼んでるシーンも好きなんだけど、やっぱり右京さんが薫ちゃんを呼んでるシーンの方が好きみたいです。(聞いてないよ)
あ、映画内にそういうシーンがあるかどうかはさておき。

この映画、連ドラ見てない人が初見だとどうなのかわかんないですけど。
なんとなくでもこのドラマの世界観がわかっている人の方が、より楽しめるようにはなってますよね、やっぱり。

パンフレットが品切れだったので、また買いに行かなきゃならんのです。
ついでにもう1回は見ときたいのです。
スポンサーサイト
2008.05.05 23:44 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。