日々迷走

草なぎ剛でSMAPにおちた、ある社会人の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『ストリングス』見てきました。

1時間半かけて隣の県まで行って、ほぼ映画だけ見て帰ってきました(笑)
先着何名だったっけ?の赤い糸のしおりが貰えたのが、実は思いのほか嬉しかったりする。

以下感想みたいなの。
ネタバレはあまりしてないつもりですが、気をつけてください。

しんつよ共演とか言う前に、そもそも人形劇という部分で私は大変楽しみにしてたんですが。
とにかくもう、あの《操り人形の世界》の仕組みというかルール‥‥発想の凄さと完璧さにやられました。
‘天からのびる糸が切れたときに命を失う’という設定を聞いたときに、なるほどね~と思ったんですけど、まだまだ考えが甘かったというか。
なぜ今回の作品は実写やアニメーションじゃなくて操り人形なのか‥‥つまり操り人形でしか撮れない作品‥という必要性みたいなものがちゃんとあるんだということがわかって、すごく嬉しかった。
いい作品に関わることができてよかったねーしんつよ。
(いや、最近設定が甘いというか‥なんでわざわざこれ撮ったの?と思うような作品が多い気が‥さ)

どこをとっても画になる作品だと思いました。
どのシーンも迫力あって、美しくって。
劇中、新たな命が生まれる瞬間があるんですが、ものすごい衝撃でしたよー。
気づいたら涙が流れててビックリした。
そして最後のシーン。
フと、『ソフィーの世界』を思い出しました。
なんともいえない気持ちになります。好きなんだけどね、ああいうの。

さて、色々好きなシーンはありますが。
何故かお気に入りなのは、ハルが「本物の王子だとわかります‥云々」言われるシーン。
あの時のふたり、それぞれの思いを考えるとものすごく複雑だろうと思ってね。

あ、設定に関しては◎でしたが、個人的にストーリーはほんのちょっとだけ「んん?」という部分が。
ラスト辺り、ハルのニゾ・ガラクそれぞれへの対応とか、ちょっとまだ腑に落ちていないというか。
はやくDVDでジックリガッツリ見たいものです。多分もう見にはいけないから。

そして声。
予告を見たときに、草なぎさんの声がちょっと高潔すぎる?とかなんとか書いてたんだけども、ちょっと違いましたね。
あれは、なんにもわかってない子どもの声なのかということが映画を見てわかった。
慎吾くんのガラクは予想以上で、わかっていても誰?と思う瞬間が多々ありました。
あと優香ちゃんがやっぱりよい。

本当に見に行ってよかった、私好みの素敵な映画だったなぁ。


おまけで、本編と関係なく気になったことを二つ。
その一。
映画が終わってまずはオリジナルのテロップが流れて、その後日本版のキャスト・スタッフのテロップが流れるんですよ。
で、その文字がゴシック体で統一されてるんですけど、最後の監督‘庵野秀明’だけ明朝体表記だったような。ちょっと笑った。
そのニ。
パンフレットのキャストプロフィールで、つよぽんと慎吾くんの欄に‘SMAP’の文字が一切ない。
これね、製作が違ってたらまぁある意味嬉しくもあったんだろうと思うけど、ちょっとひっかかる。
意図したいことはなんとなくわかるんだけど余計な気がする、個人的に。
スポンサーサイト
2007.05.13 00:56 | SMAP | トラックバック(-) | コメント(3) |

こんにちは。
あの世界の「設定」の完璧さには本当にやられますよね。
この映画を見られて良かったって本当に思いましたもん。
ジャンプ週初日、こちらでは60席ほどの小さなスクリーンで客の入りは6割程度…
キャストがこんなに豪華じゃなかったら都内で単館上映、って感じなんだろうなと。
田舎でこんな作品が見られたのはしんつよ始め豪華キャストのおかげです。
庵野監督の明朝体には私も笑いました。
あと、ニゾとガラクへの対応の違いは3回見てもやっぱりまだ腑に落ちてません私。
逆だろう?って思っちゃうんですよねぇ…。
ガラクの悲しくて切ない側面は描かれてるのにニゾの内面描写がほとんどないから
そういう風に感じちゃうのかなぁ、なんて。

2007.05.13 17:44 URL | ようこ #- [ 編集 ]

わたしも昨日みてきました。
ゆうかちゃんのジーナがすごくよかった!
ジーナのセリフも映画のものすごいポイントとなることばっかりで、主役を食ってる(?)って感じ。ちょっと悔しい(笑)
内容は一回ではちょっとわからない部分もあったけど・・・。
ちょっと残念だったのは、やっぱりお客さんの入りかなあ。
はじまって4日目だというのに、まだ赤い糸もらえました(苦笑)
まさか貰えることはないと思っていたのでうれしかったのですが、ちょっと複雑。
いい映画だと思うので、もっとたくさんの人にみてもらいたいなあと思ったかめちゃんでした。

2007.05.16 17:59 URL | かめちゃん #- [ 編集 ]

>ようこさん

ようこさんもブログで書いてらっしゃいましたが、ホント「城門」と「牢獄」の設定なんか目からうろこ~な感覚でした。
あの世界観、すばらしかったです。
こちらは初日100席?ぐらいのスクリーンだったのですが‥‥3割埋まってたのか!?というくらいです‥(苦笑)
確かにあのキャストでなければ全国展開なんてなかったでしょうね。
ニゾとガラク、それぞれの対応に疑問なのが一人じゃなくてホッとしてます。
対応がアレならば、せめて対決の順番が逆の方がまだわかる‥‥‥こともない‥‥か。
もうちょっとじっくり見て、アタマのなかで整理したいですね~。


>かめちゃんさん

ジーナ、よかったですよね。
もう完全に、この映画のヒロインはジータじゃなくてジーナだったと思います。主役も‥‥危ういですよね(笑)
私も何回かみて確かめたいこととかあるんですが‥‥どうもそんなこともいってられず。
赤い糸、かめちゃんさんも貰えたんですねー。って、本当に喜んでいいのかどうなのか、複雑な気持ちになりますね。
私の見た映画館でも、少なかったです。しかもスマファンが主かなーって感じの客層で。

2007.05.16 21:13 URL | 久我 #mQop/nM. [ 編集 ]












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。