日々迷走

草なぎ剛でSMAPにおちた、ある社会人の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
神になり、更には仏にまで。ライト(@デスノ)超えたか?エガちゃん(笑)

夜中に爆笑。危うくお茶吹くところでした。

いやー‥ドーン教は是非ともあの場にいたら入りたい。
超・無邪気。100%の笑顔。‥‥そんな草なぎさんが可愛くて可愛くてしょうがなくて。
毎回何かしらエガちゃん出てもいいんじゃない?と思うよ。そしてビンタをお見舞いしてやれ(笑)

風船のギリギリ(大雑把過ぎ)も、最高です。
ビビリながらも何故か大胆な行動に出る草なぎさん。
「これはびちょうせいのだんかいだ!」
というセリフ(と、呼びたくなるほどどこかたどたどしい)のおバカーな感じがとても好き。
しかもそこでテロップが‘いつも失敗’なんて出るのが追い討ちをかけておバカー。
今回は成功した‥というかそれ以上に奇跡を起こしていた‥‥けれど失敗する姿も見たかった。
というのが本音(笑)

あ、そういえばセットの風船を悪戯に割った後の、アブちゃんを見る顔も相当おバカ(笑)←愛ですよ、愛。

ぷっすま、いい。やっぱり、頼みのぷっすま。


続きはスマさんとは関係ない読書のこと。
この冬に入る前にここのブログで、五条瑛さんに手を出してみようかなとか書いていたんですけど、結局近所の本屋さんにも殆ど本が置いてないし、内容もやっぱり敷居が高いかと放置したままだったんですね。

そしてその間になぜかハマってしまったのが、柴田よしきさんの本。

基本的に好きな作家さんの本ばかりを追いかける癖があって、なかなか新しい人を発掘しない人間なのですが、ちょっと気になって手をだした‥‥ら、大当たり。(あくまで個人的に)
読んだ本はなんていえばいいのか、結構‥相当‥ハードボイルド?という感じで、今そんな雰囲気の小説が読みたくてしょうがなくなってます。

と、いうわけでようやく五条瑛さんの本も注文しまして、取り掛かろうとしています。
そしてそれを読み終えたら、いい加減高村薫さんにも取り掛かりたい。「マークスの山」を。

‥‥‥なんてわかりやすい趣味(笑)
スポンサーサイト
2007.03.01 01:39 | SMAP | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。