日々迷走

草なぎ剛でSMAPにおちた、ある社会人の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日のスマスマは、blast!とのライブがよかった~。
出来れば、もっと何曲もやって欲しかったです。
中居くんが、後ろからグイグイ(笑)されて困ってる姿が可愛くてしょーがない。
つよぽんもされてた気がするけど、意外と一緒になってやるタイプだよねぇ。
この前のブラックアイドピーズがきた時も、つよぽんは腰をグイグイ(笑)やってたし。
下手すると、つよぽんは女の人よりヤラシーのよ、腰つきが。
意識してやってない分、タチが悪いぞつよぽん。
‥‥おっと、いかんいかん。
思い出したら見たくなったぞ~(笑)


続きは全然SMAPと関係なく、映画の感想をチラッと書いております。
見たのは「ゲド戦記」(内容のネタバレは特になし)
7月に「日本沈没」の試写に行ったとき、「ゲド戦記」の最終バージョン?の予告編を見て、これ凄くいいんじゃないの!?と期待上昇。
でも、ネットで映画の評判を聞く限り酷評されまくりで、ちょっと期待を抑えつつ行って来ました。

で、見てみて思うのは、なんだか惜しい‥気がする。

多分この映画は、小さい子にはわかりづらいんですね。
セリフも耳に入ってくるだけだと難しい言葉だったり、子どもが好きそうな要素ってのがほとんどなかったり。
クスッととも笑いの起こるシーンは一切ないし。
別にそういう映画でもいいんだけど、テーマとして扱ってるものは、小さい子にもちゃんと見て欲しいものだと思うから、その辺はどうなのかなぁ?
ジブリの初期のころの「ナウシカ」とか「ラピュタ」のことを考えると、似たような雰囲気はあるかもしれない。
ま、あそこまでキチン世界が出来てるかというと、全然な気はしますけど(苦笑)
私がジブリの作品の中で好きなのが「ナウシカ」なので、まぁまぁ「ゲド戦記」も好き‥かな‥。

基本的に、この作品は暗い。
私は原作もまだ1巻の始めの辺で止まったままだけど、それでも「むむむ‥‥」とさせる内容なのよね。
映画は原作の3巻あたりで、ゲドが大賢人になった後の話だけど。
1巻の最初のゲドは‥‥なんだか、まだまだ善にも悪にも染まる可能性を秘めた、危うい少年だし。
そういうのが好きか嫌いか、結構ポイントなのかも?

ところで、個人的にこの映画で気になったのが、人間や動物の動き‥。
気のせいかもしれないけど、固い。
ジブリ作品の凄いと思うところの一つに、人間の関節の動きがしっかりとらえられてて、ちゃんとそれぞれのパーツが動いてるってのがあるんですけど。
今回えらく、型どおりの動きというか‥気になるトコロが多かったような。
あと、アップまたはバストアップのカットが多いのも気になるな~。

私的に、今回の映画で一番よかったのは「テルーの唄」も歌った、手嶋葵ちゃんかな。


うん‥1回見れば充分かもしれません、私は。
「千と千尋~」や「ハウル~」は3回映画館で見たんだけどね(笑)
来週は「日本沈没」見てきたいと思います。
そろそろ小野寺さん切れですよ~。
スポンサーサイト
2006.08.01 21:21 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。