日々迷走

草なぎ剛でSMAPにおちた、ある社会人の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日お酒を飲んで、ある意味つよぽんに負けず劣らずな(笑)失態をかましてきました。
ああ、つよぽんの「日々是反省」という言葉が身にしみる‥。


今日は日経エンタテイメントを久々に買ってみました。
特集が《日本映画》ということで。
雑誌の中で、前に比べて日本映画が面白くなった‥ということが書かれていて、確かにそうかもな~なんて思ってる一人です。
元々アクションとかサスペンスとかが好きなので、何年か前までは結構「日本映画ぁ‥?」と、頑なに見ようとしなかったのですが、ここ1・2年は洋画と同じくらいの比率で見てるかも。
まぁ、日本映画のよさがわかるくらいにはオトナになったのかな?とも思いますが。

で、特集内に‘6月以降に公開の映画で一番みたい作品は?’というランキングがありまして、なんとびっくり、『日本沈没』が1位を取ってるのです。
2位は『ゲド戦記』3位は『トリック劇場版2』
しかも年代別の見たい映画で、40代・50代の1位も獲得。

‥‥これがなんだか素直に喜べない。

というのも、試写会の後にチラホラみたブログで(勿論映画のネタバレ部分は避けて通ったのですが)、うっすらと「脚本は果たしてどうなのか‥」みたいな微妙な空気を感じとったんですよね‥(笑)
つよぽんの演技に関してはとてもいいらしく、それだけ目的なら結構かもしれませんが‥‥、私は作品そのものの出来の方が重要だと思うし。
その年代の人たちに期待されてるってことは、確実に前回の『日本沈没』と比べられるんだろうし。
酷評されたりしたらやだな‥‥(笑)←見る前から余計な心配。


とりあえず、私的にさしあたって楽しみなのは
『トリック劇場版2』・『日本沈没』・『ゲド戦記』・『ブレイブストーリー』・『UDON』
かな。(でも『UDON』は全国公開なのか‥?)
スポンサーサイト
2006.06.03 19:42 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(2) |

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006.06.03 21:21  | # [ 編集 ]

>秘密のコメントを下さった方

私もこれまで他の作品ですが、原作のファンで映画化されたものにがっかりしたことなどもあるので、今回のを見てそういう思いをする人も絶対いるとは思うんですよね。
それは人によって感じ方も違うししょうがないことですし、私も見た後にどう思うかはわかりませんし‥(苦笑)

でも確かに、原作や前作とはまた切り離して、いいところ・おもしろいところがあるはずですよね。
批評を超えてただ貶すだけというのは、ちょっと寂しい気もします。

2006.06.04 19:15 URL | 久我 #mQop/nM. [ 編集 ]












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。