日々迷走

草なぎ剛でSMAPにおちた、ある社会人の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
4月11日に舞台『父帰る/屋上の狂人』を見てきました。
しかも妹の協力により、18:00からと20:00から2回見させてもらって。
感想などは2回分一緒くたになってます。

うちに何回か来られてる方は、私が役者・草バカなのをよくご存知かと思いますが、まぁ案の定バカ炸裂したレポと感想となってますので、そこんところご注意。
それと、セリフは今覚えてる範囲で書いているので、大体そんなこと言ってたなぁ‥くらいです。
舞台のあらすじはネットで‘青空文庫’を検索すると読めますので、読まれた方が伝わるかとは思います。

それにしても、思い出せるだけ勢いのあるうちに‥と思ったら、なんて時間にアップしてるんだ(笑)
しかもその1ってなにさ。
とにかく会場に入るとあまりの舞台の近さにビックリ。
まして私は1回目は前から5番目、2回目は3番目。
つよぽん出てきたらどうなるんだろう‥と思いつつ開演を待っていたわけですけど‥‥結果は超・冷静でした(笑)
ま、考えてみれば、舞台では剛であって剛でない人を見に行ってるんですし。
見てる最中、そういう現実に引き戻されることはまずなかったです。
それほど役に入りきってたんですよね、草剛が。


『父帰る』

原作を読んだ時に、私は主人公の気持ちの変化の早さに納得できない‥と2月末のブログに書いてますが、今回の舞台を見るとすごく自然の流れとして受け止めることができました。
「LOOK at STAR」で河原さんが言ってたことは嘘じゃない、と実感です。(疑っていたわけじゃないですけどね)
草剛の演じる賢一郎は、最初から誰よりも父のことを気にして、誰よりも戻ってきて欲しいと思って、でもひたすらそれに気づかないフリをしてきただけなのかと。

基本的に照明は舞台となる居間の灯りのみなので、いくら前の方の席といってもハッキリと表情がわかるほどではなくて。(第一私の席からは完全に背中を向けてしまっているシーンも結構ありました)
その分、声から表情を想像する感覚でした。
スタートしてまず、居間で新聞を読む賢一郎が。
髪型もキッチリ固めて着物を着ているせいもあるんだろうけど、
決定的に「これは草剛じゃない」と思ったのは
‘舞台用の声’というのかわからないけど、テレビ(ドラマとか)で聞く声と全然違っていて、第一声を聞いたときちょっと「誰?」って思った。
父がいなくなった後、一家の大黒柱を担ってきたという役柄にあわせてなのか、風格というか重みというかそういうものを感じさせる声で。
反対に弟の新二郎の声はもう、聞くだけでちょっと腹がたつ感じ。
知り合いの人がお父さんらしき人を見かけたらしい‥‥と兄に話す調子とか、なーにを能天気に‥‥なんて、個人的にイラッとしつつ(笑)
そういう意味では勝地くんも役に入りきってたのかなぁ。

そして、お母さんと弟が父のことを話題に出している時。
もう父のことなんか忘れたといいつつ、あからさまに動揺している自分を隠そうとする賢一郎が見ていて痛々しい。
で、お父さんが帰ってきてしばらくの間まったく喋らず、やっと喋ったかと思うと、(父に酌をする弟に)「よせ。注すわけはない」という言葉で、一気に会場が重苦しくなりました。
ここから終盤、父に対する恨みつらみをたたみかけるシーンは、もう見入っちゃって。
賢一郎が自分のひざを掴んだ手が、ぶるぶる震えているのが見えて怖かったです。
お芝居って忘れてんじゃないのかなー‥この人‥‥。こっちに戻ってこれるのかなってちょっと思います。
そして、最後やっぱりお父さんを追いかけるところで、私はもう泣いて泣いて鼻水まで出る始末(笑)
ちなみに1回目ではただひたすらに耐えたのに対して、2回目のラストにぐしゅっと鼻をすする音がしたかと思うと、草剛泣いてました。
目の前であんなの見せられたら、更に泣いてしまう。
半泣きの状態で「(父親が)おらん!?おらんわけあるか!」と言って探しに飛び出して行く姿、1回目より好きだったなぁ。


今回の2本立て公演、10分休憩を挟んで30分ずつまるっきり違う二人を演じた草剛を見たわけですけど、あのふり幅の凄さはなんなんだろう。
まだ『父帰る』の方の役はわかるんだけど、『屋上の狂人』の方は‥‥それこそメーター限界までふりきった‥‥というか、うーん‥逆にメーターがピクリとも動いてないというか。(どっちやねん)


続きます。
スポンサーサイト
2006.04.13 03:49 | SMAP | トラックバック(-) | コメント(3) |

久我さ~ん 待ってましたよ(^o^)/
舞台 堪能されたみたいで良かったですね。
私も 久我さんより少し早く 見てきました。
感想なんぞも書いてみましたが、さすがに久我さんのは担当だけあって 見ているところが深いですね~。。
「父帰る」 久我さんの時は つよぽん あまり泣かなかったんですね。
私が見た回は ポタポタ泣いちゃってて、 もう この人ってば凄まじいなと思いました^^;
始まりの第一声で「誰っ?」 と思った・・・ というの、 言われてみれば そうでした! 私も ソコ 「えっ!?」 と思ったなぁと思い出しました(遅^^;)
とにかく つよぽんには いいもの見させてもらいましたよ!
もう 浮気しちゃいそう~(笑)

2006.04.13 06:08 URL | にしっち #- [ 編集 ]

おおっ勢い余って凄い時間にアップだね(笑)
それだけ、いろいろ溢れたんだねぇ…。
声かー。くーっそれだけは想像にも限界が…実際聞かないとその違いってのはわからないだろうな…。
まあ久我さんも泣いちゃったの?そうか…。
短い作品なのに、感情の移り変わりがおかしな方向じゃないってことですよねー。
父帰るだけで、こんなにいっぱい書いてくれて嬉しいです★
行けない身としては何もかもが貴重だから(笑)、屋上の狂人の方も楽しみにしてますよ★←こっちの方がネタバレ読んでて、すっごく気になる剛くんの姿だったりします。

2006.04.13 15:47 URL | 千酉 #Y2kgqtPU [ 編集 ]

>にしっちさん

行く前に、にしっちさんのところで感想がアップされてたので、必死に我慢して行きましたよ~。
今から読んできますー。
そっか‥にしっちさんの見られた回はそんなに泣いてたんですね。やっぱり舞台は、その時その時によって違うものが見られるのがいいんでしょうね。
浮気しちゃいそうですか(笑)もう今、慎吾欠乏中なのが相当影響してますねぇ‥。


>千酉さん

いっぱい書きすぎました‥‥くどくどと‥(>_<)
もう頭の中はパンクするなーってぐらいアレもコレもになって、整理つかず‥。
まぁ、私は結構簡単に泣いちゃうので‥‥安っぽいですけども(苦笑)後ろの席の人から、休憩中に「本気で泣いてしまった~‥」なんて声も聞いたし、隣の人も上演中泣いてはったし、とてもよかったですよ。
『屋上~』の方がね、私も好きなんです。

2006.04.13 21:58 URL | 久我 #mQop/nM. [ 編集 ]












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。