日々迷走

草なぎ剛でSMAPにおちた、ある社会人の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は読売新聞のZipZapというのに、つよぽんのインタビューが載っているとか。
実家は読売新聞だけど、そんなのない気がする‥‥。
記事だけならネットでも見れそうだけど、写真見たいよー!


先週のワッツで、木村さんが熱くワンピースを語っていたことを知って、私の中でもしばらくワンピ強化週間となっています。
まとめて読むと、こーれがまたいいんですよ。
忘れてた伏線をポロポロ発見して、また一人で盛り上がる‥‥ということで、何回でも楽しんでます。

まぁこんなことしだすと、ついでに他の本まで読み返そうブームが訪れるわけですね、私は。
いやいや、そんなことする前に買ったまま読んでない本に手をつけろ!とも思うんですけど。
今読んでない本は‥‥2冊!?意外と少ない!!
しかもどっちも児童書。(『くらのかみ』と『透明人間の納屋』)
比較的早く読めるものなのに読んでないってことは‥‥足りないのは勢いだな。


続きは昨日見た『日本沈没』の予告編のこと。
ウェブ拍手で、予告編どうでした?と尋ねられたので、ちょっと書いてみました。

なんといっても夏公開までまだ時間があるので、とりあえずの予告編‥なのかな?
昨日見たものは、CG使ってどうこうっていうシーンはラストにちょっとあったくらいで、ほとんどが屋内で出演者の表情がメインになってるものでした。
映画の雰囲気にも合わせて、画面が全体的に暗めにしてあるのかなーとも思いました。
ラストのCG?も、大阪の道頓堀辺り(グリコの看板が見えた気がしたけど)が水面下にあるような部分だけだったのでは‥。
公開が近づいたら、もっと目を引くような迫力の予告編が作られたりする?と、私は思いました。

確かに、失礼ながら私も不安なところはあります。
もちろん、それは出演者の演技どうこうじゃなくって。
総制作費20億‥とか、興収100億を目指して‥とかいうフレーズを聞くと、やっぱりそこに期待して見に行く人もいると思うので、その人たちの期待とは違う感じの仕上がりになってた時の不安‥‥ですね。
まぁ、日本映画でも、最近は以前ほどヒドイCGとかもない‥‥ですよねー‥‥多分(限りなく曖昧/笑)

とりあえず、私もそこらへんの期待はぼんやりにとどめておこうかなぁと。
原作は映画の後に読むつもりなので、個人的に映画の中で破綻してないストーリーであればいいかな。
(原作を読んでる人にとっては、そうもいかないでしょうが‥)
俳優さんたちの演技に関しては、全く心配は要らないというのが嬉しいです。
スポンサーサイト
2006.03.02 20:57 | 日常 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。