日々迷走

草なぎ剛でSMAPにおちた、ある社会人の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
まずは、私事ですがこのブログも1万HITいたしました~。
お越しいただいた皆様ありがとうございます。
うちのブログはこれといって目玉があるわけでもなく、結構ローテンションな感じで毎日つらつら書いているわけですが。
まぁ、そういうのもアリかな~ぐらいの、生暖かい感じに見守っていただけると嬉しいです(笑)


それで、タイトルに戻るわけですが。
年末に文庫版『模倣犯』を読破し、関西ではお正月の深夜にやってた映画『模倣犯』を改めて見てみました。
(以前にテレビ放送してた時は、原作も読まずに流し見程度)

‥‥わけがわからん。

というのが、素直な感想でした(笑)
いやもう、映画のラストが~‥‥以前に不可思議すぎて混乱しました。
この映画は原作の映画化ではないし、それにしては原作をなぞりすぎてるし、‥‥パロディ?みたいな(笑)
なんで元の設定を変えてるのかわかんない部分も多々あって。

本当に、見るべきものは中居くんのピース津田寛治さんのヒロミだけかなー‥‥と。
二人が沖縄で(これもなんで沖縄なのか‥)パイナップルを手づかみで食べるシーンが、ただただ好きだった。

まぁ、映画は封印しといて、原作を脳内で(配役は映画のまま)映像化しながら読むのがいいのでしょうね。
ただね、中居くんのピースには、原作で感じた‘駄々っ子’のような部分が見られなかったので、そのあたりがイメージが難しい。
ラストだけでも、原作どおりであってほしかったなー‥‥。

ちなみに。
‘中居正広in『模倣犯』~ピースの世界’を買ってしまいました(笑)
ありえないレベルで格好いいですね。
私は、俳優さんとしてもつよぽんの次に中居くんが好きなんだな~。
ホント、また映画やってくれないだろうか。
スポンサーサイト
2006.01.12 14:31 | SMAP | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。